« BLOOD+ #1 | トップページ | 眠い! »

2005年10月13日 (木)

「きぼう」という名の蹉跌

 神舟 6 号、予定通りに軌道投入に成功(■中国国家航天局)。

 ほどよく枯れた技術で構成された打ち上げ機を使っているとはいえ、予定通りに有人宇宙機を打ち上げるとなれば決して簡単な事業ではないはずなのだが。もっとも、前回の神舟 5 号でもほとんど遅延がなかったことを考えると、中国の打ち上げ能力は相当なところまで洗練されているのではないかと思う。

 しかし、この件に関するリアクションをチェックすると、いたずらに感情的な意見や、自分が感想を述べている対象についてまったく無理解であることを自覚すらしていない意見が多すぎてゲンナリさせられる。
 結局、意見として拝聴に値するのはごく一部に過ぎない。

 中でもノンフィクション・ライターの松浦晋也氏は、自らの blog (■松浦晋也の L/D)で今回のミッションを単体で評価する前に(まだ終わっていないのだから当然だが)、いつもの姿勢通り日本の宇宙開発を顧みるための材料として比較対象に挙げている。
 そして、有人軌道飛行というものが果たしてどれだけの恩恵をもたらすのか、どれだけの価値があるのかはともかく、松浦氏がいうように、「宇宙」というフィールドに対する日中の姿勢の差はこの数年でますます明確になったと思う。

 日本の宇宙計画の主要な柱である JEM(ISS「きぼう」モジュール)は、スペースシャトル運用の挫折によって ISS 計画が袋小路に追い込まれた結果、「せっかく数千億円もかけて作ったのに打ち上げられるかどうかもわからない」という冗談のような状況に陥っている。
 新たに選抜された宇宙飛行士もミッションに旅立てる見込みはない。
 それ以前に、ISS という巨大計画に参加して何をすべきか、何が得られるのかという点すら、多くの人々にとっては不明瞭なままだ。

 このような状況に追い込まれても、完全に受け身になってアメリカの背中を追い続けるしかない JAXA からは、現時点でこの状況に対する明確なリアクションはない(一寸先は闇、という状況なのはアメリカも同じだが)。
 ISS の本格運用が前提となる HTV も、アメリカ次第でどこに転ぶかわからない有様だ。

 一方で中国が熱心に推進する有人計画が中国の未来にどれだけの恩恵をもたらすのか、それは俺にはわからない。傍から見る分には、どれだけの意味があるのか疑問も少なくないのは事実だと思う(もっとも中国は有人計画だけに傾倒しているわけではなく、近年は地球観測や気象観測、そしてそれらをベースとした欧州やブラジルなどとの国際協力事業にもかなり熱心だということは忘れてはならない)。
 しかし彼らは、多くの面で独自の姿勢を貫き、自分の好きなように宇宙空間を利用する環境を構築し続けている。その点だけは明確といってよいと思う。

 日本はどうか。
 衛星や探査機を構成する部品の多くを輸入に頼り、一回の打ち上げ失敗は「原因究明と対策」の名のもとに常に長く尾を引いてしまう。主要な計画とされてきた有人ミッションは完全にアメリカ頼りであり、その結果は現在の図り知れない苦境をもたらした。「きぼう」が「ぜつぼう」に変わってしまっても不思議ではないような苦境にだ。
 三つの航空宇宙機関を統合しても、それぞれの機関が進めていたいくつもの計画はシェイプアップされることなく、どれが有用な計画であるのか、どれを捨て去るべきかの取捨選択が的確になされたとは言い難い(参考:■Nikkeibp 記事「問題山積のJAXA宇宙開発長期ビジョン」)。

 自らの意志ではどうにもならなくなってしまった迷走に陥っている日本と、不透明な将来であるかもしれないがそれを切り拓こうとはしている中国。
 松浦氏がいうように、十年後の近い将来、軌道上の情景はどうなっているのだろうか。

|

« BLOOD+ #1 | トップページ | 眠い! »

コメント

宇宙開発に限らず、それなりに目標を持っている中国や中国企業、国民(沿岸部が大部分でしょうが)の勢いは羨ましい限りです。
日本は未来に向けた明るい展望を描くことができず、現状の悪循環を脱却することで手一杯のようです。

中国政府には個人的にはイロイロと不満はあるのですが、それでも有人宇宙飛行については素直に羨ましかったりするのです。
なんとなく、日中の宇宙開発の現状は、そのまま国の勢いというものが現れているような、そんな気がします。

ところで、ご存知だとは思いますが有人宇宙船開発についてはロシアからお声がかかっているようですね。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200510130067.html
当面アメリカがアテになりそうにないですし、保険も兼ねて参加してほしいような気がします。
って、まぁ個人的には単純に面白そう、というのが大きいのですけどね(笑)

投稿: kyuu_9 | 2005年10月14日 (金) 01時24分

 最近、日本人は宇宙に向いていないんじゃないか? なんて思うことがありますわ。特に根拠なんぞないのですが。

 そういえばアメリカは30年と天文学的巨費を費やしたスペースシャトルを「失敗だった」とあっさり認め、新たな目標をほいほいと設定するし、中国は中国で「宇宙に行くには」という目標を突き詰めた結果、長らく敵だった旧ソ連から技術を入手するという割り切りを見せているんですよね。

 一方で日本は前動続行を続けているだけで、激しく変化する状況への柔軟な対応能力が弱いように見えるのは気のせいでしょーか。
 いや、しつこいようですが大した根拠はないのですが。

 クリーペルの開発参加打診、昼頃に知ってちょいと驚きましたがどうするんでしょうね。

 有人計画を続ける意思があるというなら、またISSと違いそりなりの発言力を得られるのであれば、参加してもいいのではという気もしますが……それ以前に、そもそも宇宙に人を送って何をするんだろう、何が得られるんだろうという点を慎重に再確認する必要があるのではないかとも思います。

投稿: あんす | 2005年10月14日 (金) 02時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「きぼう」という名の蹉跌:

« BLOOD+ #1 | トップページ | 眠い! »